今井洋一郎

岡谷市 絹工房と守衛室

大正10年に建築された旧山一林組製糸株式会社の事務所棟と守衛所建物です。国登録有形文化財です。

昭和2年の製糸工女の争議「山一争議」の舞台になった場所です。

同争議は戦前の製糸工場争議では国内最大級であり、19日間に及びました。当時は経済状況が悪く、国内各地で争議が発生した時代でした。大正10年に建てられた事務所は、全盛期の製糸業をしのぶ数少ない建物として貴重です。現在は、絹工房として、絹織物研修・制作に利用されています。